本物以上の仕上がり!!食品サンプル制作ならデザインポケットへ!!

日本の食品サンプルは、外国人をも魅了する程、しずる感がある魅力的なアイテムとして人気があります。ここでは、そんな食品サンプルの魅力をお届けします。

食品サンプルとは?

食品サンプル 制作

食品サンプルの歴史

そもそも食品サンプルが考案されたのは、大体、大正時代の末期~昭和時代の初期頃と言われています。当時の食品サンプルは、本物の食べ物を寒天で型取りして、それを蝋で固めて制作していた事を知っていましたか?その頃は、食品サンプルと言う名前で無く、食品模型や料理模型等と呼ばれており、戦後から食品サンプルと言われるようになります。現在、色々なレストラン等で目にする食品サンプルの始まりですが、日本の百貨店の先駆的な存在であった白木屋が、1923年(大正12年)に食品サンプルに値段を付けて展示したショーケースを階段の踊り場に置いた事がきっかけです。こうして、食品サンプル文化は今も尚受け継がれており、サンプル技術も現在は大変向上しています。

食品サンプルの役割

食品サンプルは、時代の変化と共に単なる食品の見本から、お客様に向けて瞬間的に商品の魅力を伝える為の、販売促進ツールへと役割が変わってきています。食品サンプルは、実際の商品を本物そっくりに真似て作る事だけが、サンプルの仕事ではありません。素材となる商品をコピーするだけでは、最大限に商品本来の魅力を伝えきれないからです。美味しさを伝える為には、サンプルがディスプレイされるウインドウ内の照明や角度等、細かい所まで配慮し計算された造りがポイントです。なので、食品サンプルと言うのは素材に工夫をプラスした仕上がりが必要になります。そうした計算されて完成した食品したサンプルは、ウインドウに飾られた時に、商品の美味しさを最大限に発揮してくれます。ただ、商品の外観が似ているだけで無く、一番美味しい商品の瞬間を切り取った物が食品サンプルです。

職人さんの技術が光る食品サンプル

殆どの食品サンプルは、成型~着色までの工程は職人さんが一つ一つ手作りで行っています。その制作技術の手さばきは、多くのメディアや紙面でも特集される程、目が釘付けなってしまうものです。熟練の職人さんが手掛けた食品サンプルは、思わず食べてしまいそうになる程、美味しそうでリアル感があります。
例えば、お寿司屋さんでは、看板商品のお寿司を食品サンプルで店頭にディスプレイしていますよね。ディスプレイされている色とりどりのお寿司のサンプルも、職人さんによって一つ一つ作られた手作りの作品です。食品サンプルをよく見ると分かりますが、お米の粒が際立つリアルなシャリ感や、彩り用レタスやパセリに至るまで職人さんの手作りです。
このように、食品サンプルは見れば見る程面白いのが魅力です。本物とそっくりの食品サンプルを目にした時には、手作りサンプルならではの醍醐味も感じられます。

食品サンプルの魅力とは?

食品サンプル 制作

視覚によって食材の味を表現できる

私達人間と言うのは、味覚・視覚・聴覚・嗅覚・触覚の五感がありますよね。料理を美味しいと感じたり、美味しそうと感じたりするには、味覚で食べる、嗅覚で香りを匂う、聴覚で美味しい音を聞く、視覚で色や形を楽しむ、触覚で口に入れた感触を楽しむと言うように、五感で感じています。しかし、食品サンプルと言うのは、サンプルなので食べる事はできませんし、食材の匂いを感じる事もできませんし、音もありません。従って、視覚のみで食材の味を伝える必要があります。視覚で味を伝える食品サンプルには、その見た目だけで美味しさを感じさせる為の、職人の技が隠されているのです。

食材の美味しそうな瞬間を切り取る

食品サンプルでは、基本的に視覚で美味しさを伝えますが、食品サンプルを見た人に強く美味しさを伝える方法があります。その方法と言うのが、食材の美味しそうな瞬間を切り取る手法です。皆さんは、どんな時に食べ物を見て、美味しそうと感じているでしょうか?
例えば、パンケーキを食べる時にメープルシロップが流れる瞬間、ハンバーグを食べる時に断面から流れ出る肉汁を見た瞬間、湯気を上げながら調理される光景を目にした瞬間、このような時には、思わず「美味しそう」と声を上げてしまいますよね。食品サンプルはまさに「この瞬間!」と言う、食材が持つ最大限の美味しさを瞬間的に切り取った、美味しさの極限を引き出したサンプルなのです。本物であればその瞬間は一瞬ですが、食品サンプルなら永遠ですよね。これが強く美味しさを感じさせる、食品サンプルの技であり魅力の一つなのです。

食材の美味しさを誇張した表現

食品サンプルは本物そっくりなサンプル品ですが、実は、本物の料理そっくりには食品サンプルと言うのは作られてはいない事を知っていたでしょうか?近頃の食品サンプル事情では、雑貨的な食品サンプル等も販売されていますが、本来の食品サンプルの目的や役割は、飲食店の店頭ディスプレイです。店頭前を通る人の足を止めて、お店に入店してもらう事が食品サンプルの役目です。その為には、美味しそうな料理の食品サンプルを見て、お店に入店してもらわなければなりません。なので、本物よりも食品サンプル制作では、色・形・盛り付け等、食材の美味しさを誇張して本物よりも美味しそうに見せる、これこそが食品サンプル本来の役目であり魅力と面白さでもあります。

食べる事はできないけれど美味しそう

食品サンプルは、食べられないのに美味しそうに見えるのが魅力の基本です。最近では、そんな食品サンプルの魅力を活かして、色々な物が作られています。例えば、食品サンプルでソーセージを作ってそれをボールペン加工したり、食品サンプルでトーストを作ってそれを時計加工したり、面白アイテム作りも流行っています。飲食店の店頭にディスプレイしてある、しずる感満載の食品サンプルだけでも十分魅力的です。しかし、まだまだ食品サンプルの魅力、面白さ、技術には、多くの可能性があります。食品サンプルの食べられないのに美味しそうと言う、その先を想像する楽しさも魅力の一つです。

外国人からも人気のある日本の食品サンプル文化とは?

食品サンプル 制作

外国人を魅了する食品サンプル

レストランの店頭にディスプレイされた美味しそうに作られた食品サンプルは、偽物だと分かっていてもつい食べたくなってしまいますよね。現代において、食品サンプルは外国人観光客も絶賛する程人気があり、日本の食品サンプル文化は大きく注目されています。外国人が初めて日本の食品サンプルを目にすると、実に巧妙に本物同様に作られた食品サンプルの精巧さに驚きます。なので、多くの外国人観光客は日本旅行のお土産として、食品サンプルを購入していく方がとても多くいます。また最近の傾向として、日本人の間でも食品サンプルに魅了されて、食品サンプルにハマっていく人も増加しており、食品サンプルは外国人の間でも日本人の間でもブームになっています。

食品サンプルは世界的なデザイン

本物そっくりに作られた食品サンプルと言うのは、本来、地方労働者が食事をする際に、料理メニューを注文しやすいように作られた物と言われています。現在は、日本語の分からない外国人にとって、一目見ただけでどんな料理か理解できる食品サンプルは、有効的に活用されています。この事からも、食品サンプルは世界的なデザインと言える役割を担っています。視覚で周りの人に訴える食品サンプルには、食品サンプルの出来栄えでお店の集客にも大きな影響を与えるものです。なので、より本物の料理に近づけて、より食材を美味しそうに見せる食品サンプルが、現在の飲食店には沢山ディスプレイされています。食品サンプルの細部までに工夫を凝らして精巧に作られた食品サンプルは、もはや、芸術の域とも言えます。